保険のセット商品に入ってはいけません。

生命保険に入る場合に、一番、保険外交員に進められるのが、セット商品です。例えば、定期付終身保険が代表です。終身保険が主契約で、定期保険が特約です。終身保険を解約すれば、定期保険は特約ですから自動的に解約になるのです。商品によっては、医療保険も特約で付随してる場合が多いです。

では、どう入ればいいは、終身保険は終身保険だけ、定期保険は、その年齢や家族構成にあわせて、10年単位で、保険金額を決めるのがベストです。子供が出来て、万が一の時に備える時期は20年程度です。その期間だけ、定期保険の金額を上げる。それが終わったら、下げる、と言う具合です。医療保険も、年齢に沿って、上げていけばいいのです。そうすると、終身保険・定期保険・医療保険と3本入ることをお勧めします。そうすることによって、必要なときに止めたり、増減が出来るからです。

セット商品にしたからといって、保険料が割引になっていることはありません。ここは、絶対に騙されてはいけません。定期保険などは、インターネット契約で割安のものも有ります。こういう風に、全てを別々に入ることがポイントです。

| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。